うららの気儘なフォトアルバム

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテからの帰り道 

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1299 8.31 朝-2 .jpg

 

AM 6:00 気温22 度 晴れ。
たなびく雲がむくむく!30 度を超し、蒸し暑いです。

 

≪ 7/30 ヨセミテからの帰り道 ≫

消火ヘリコプター

IMG_0818.jpg ヘリ給水-818 300.jpg

 

 

 

 

IMG_0814.jpg 消防自動車-814 300.jpg

帰り道、まだ燃えていました、消防自動車も見えます、
ヘリコプターに大きなタンクがあって給水し消火をします。
日本では、ヘリコプターに水の入ったバケツの様な物をぶら下げて
消火すると聞きましたが、あちらは山火事に慣れているのでしょうか
大がかりだな、と思いました。
車をスローにして頂き、撮らせて貰いました。

 

ナマジュース 絞り器

DSCF3186.jpg 生ジュース絞り器.jpg

途中、フルーツスタンドで変わった生ジュース絞り器がありました。
上からオレンジを入れると皮と実がうまく離れて
フレッシュ・ジュースになります、ロボットみたいな型で面白いでしょう

 

ベーブリッジを渡るとサンフランシスコ

IMG_0828.jpg  ベーブリッジ-828.jpg

 

IMG_0827.jpg 帰りのベーブリッジ-827.jpg

ベーブリッジを渡り、サンフランシスコに戻りました、
この橋は二階建てになっていて、出る時は下の段、入るときは上の段を
通ります。夜 8:00  ホテルに帰りました、やれ!やれ!疲れた~~。


 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-マーセド川のほとり

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1264 8.30 朝.jpg

AM 8:30 気温23 度 6:00 頃は霞んでよく見えませんでしたが、
8:00 過ぎ頃から雲がとれて雨が一休みの間、ハッキリ見えました。

 

≪ 7/30 ヨセミテ国立公園 ≫

~マーセド川のほとりで ~

IMG_0855.jpg  ヨセミイバレー855.jpg

 

IMG_0863.jpg ヨセミテバレー863.jpg

 

IMG_0866.jpg ヨセミテバレー866.jpg

マーセド川が静かに悠然と流れています。
流れを感じない湖の様な綺麗な透き通った水です。
此処はヨセミテバレービュー!素晴らしい景色です、
眺めているとヨセミテは 『神々の遊ぶ庭』 そのもの、感慨深いです!!
平原が隆起し、氷河が削り・・・・・・何万年もの時を経て形成された、
今の偉大な景色に見とれるばかりです。
人類の宝、世界遺産!!素晴らしいです。
山火事の煙に悩まされましたが最後にこの景色が見られて幸せでした。

岩山エルキャピタンはロッククライミングのメッカだそうです、
帰り道、双眼鏡で覗きましたが
「何時も見えるクライマーが 今日は見えませんね」とガイドさんが
仰っていらっしゃいました、山火事の影響でしょうか。
色々ありましたが、有意義で楽しいヨセミテ国立公園の
素敵な2泊3日の旅でした。

 

  1. 2008/08/30(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008 サンフランシスコ旅日記-バーナル滝ハイキング帰り

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

IMG_1242 8.29 朝-1.jpg

AM 6:10 気温 22 度 雨上がりの暗い雲間から、徐々に姿を見せ始めました。
南の空は明るいのですが、20 分ほどで雲の中に入ってしまいました。

 

≪ 30日 ヨセミテ国立公園 ≫

疲れた~~!

IMG_0765.jpg 滝へハイキング-765 孫.jpg

 

IMG_0754.jpg  リス-754.jpg

帰り道、リスがチョロチョロ姿を見せました、
夏はハイキングの人が多いので慣れているのか、人を怖がりません。
悠然と木の実を食べたり、仕草が可愛い! カメラを向けると逃げられました。
疲れた~~、平らな石の上で一休み ♪ ♪
リスが岩間から覗いています、可愛いでしょう。楽しいハイキングでした。

 

 

  1. 2008/08/29(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008 サンフランシスコ旅日記-バーナル滝

 

≪ 30日 ヨセミテ国立公園 ≫

バーナル滝

IMG_0751.jpg バーナル滝-2.jpg

この滝は落差97m 水量は多く迫力があります。上まで登るのは大変なので、
滝が綺麗に見える橋(名前は忘れました)から眺めました。
これまで見た、ヨセミテ滝、ブライダルベール滝とは
比べものに成らないほど水量が多くダイナミックです。
橋の下に下りてマーセド川を流れる澄んだ綺麗な水に手を入れると " 冷たい!"
辺りから青い鳥 stellr'sjay(ステラーカケス)などのさえずりが聞こえます
ハイキングの疲れが癒され和みます、リスも沢山いましたよ。
アップ、ダウンの激しい坂は"大太めの婆"には、かなりきつく
ハァハァ!ドキドキ!でした。ダイエットしなくてはねぇ~~。

 

steller's jay (ステラーカケス)

IMG_0704.jpg  青いカケス.jpg

追いかけても追いかけても旨く撮れません、
ヨセミテには沢山いる鳥なのでボケてますが、UP しました。
  1. 2008/08/28(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-バーナル滝にハイキング

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1228 8.27 朝-28.jpg

AM 5:30 気温 22 度 涼しい朝です、富士山に掛かる雲が段々晴れてきました。

 

≪ 30日 ヨセミテ国立公園 ≫

バーナル滝へハイキング

IMG_0745.jpg バーナル滝への道-745.jpg

 

IMG_0775.jpg バーナル滝の近く-775.jpg

ヨセミテへ来て3日になります、煙の影響も、大分薄らいだ様です。
アワニーホテルで朝食を済ませ、ハッピーアイルから片道 2km 弱の
バーナル滝までハイキングです、
ジイジは疲れたから木陰で休んでいると云うので、
元気な若者3人、孫、大太の婆とマーセド川を崖の下に見ながら
ミニ登山です、鳥のさえずりがあちこちで聞こえてきました、
気持ちが"スカァー"として爽快です ♪
写真を撮りながらなので思ったほど苦しくはありません。
足場はよくありませんが軽装で登る人が多いですよ、
滝の上まで登るには登山の装備が必要の様です、
私達は滝が見える橋までにしました。
川を挟んで向こう側の山に崩れた後もあり岩ばかりの山でした。

 

♪ アワニーホテルで朝食 ♪

IMG_0635.jpg  アワニーホテル-635.jpg

 

IMG_0642.jpg アワニーの朝食.jpg

 

IMG_0672.jpg アワニーホテル-672.jpg

アメリカ人が一生の内、一度は宿泊したいと云う、
伝統あるホテルです、重厚で素晴らしいです、ここで朝食をしました。
フレッシュ、オレンジジュース 、コーヒーは天下一品!飲み放題。
ヨセミテで、やっと美味しい食事に出会えた感じです、
食べ過ぎて苦し~~い!♪

  1. 2008/08/27(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008サンフランシスコ旅日記-ハーフドーム

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1183.jpg 8.26 の朝-2.jpg

AM 6:00 気温 22 度 曇り、雨上がりの朝、雲の切れ間から見えました。

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

ハーフドーム

IMG_0640.jpg ハーフドーム-640.jpg

 

IMG_0574.jpg ハーフドーム-1.jpg

 

IMG_0644.jpg ハーフドーム-644.jpg

ヨセミテのシンボルのお椀を半分にした様な岩壁です、
麓から頂上まで1443m の高さがあり、氷河に削られた山肌は
凄い絶壁!太古からの自然の偉大さを感じます。
麓に美しい湖、ミラーレークがあるのですが、今、雪解け水が少なく
小さくなっていると云うので行きませんでした。
グレイシャーポイントは自然が造った大パノラマ展望台です。
素晴らしい絶景が広がっています、夕暮れにはハーフドームが
茜色に染まって見事だそうですが時間の都合で・・・・。

さぁー!今晩は電気がつくでしょうか、心配しながら、取り合えず
ヨセミテロッジで夕食を済ませ、宿泊先のヨセミテビューロッジへ
ラッキー!!電気がついてま~す、嬉しい!!
お風呂は各部屋、ジャグジー、気持ちがいいです、疲れがとれましたよ ♪
ビールとワインで楽しい一時、しかし又、停電で漆黒の闇になりました。

  1. 2008/08/26(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008 サンフランシスコ旅日記-グレイシャーポイント

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

 

グレイシャーポイント

DSCF3157.jpg グレーシャー絶壁-F157.jpg

 

IMG_0641.jpg ハーフドーム-641.-3jpg.jpg

 

P7300145.jpg ハーフドームの谷底-145.jpg

ヨセミテ渓谷が一望出来るグレーシャーポイントも
煙が谷底に漂って、綺麗な写真が撮れません。
谷底は1000m もの深さがあって覗き込むと恐ろしい尻込み、怖いです!
時間帯も悪かったのかも知れませんが谷底の深さが表現出来ません。
写真が上手な方なら薄煙の中でも旨く撮れるのでしょうが、
この婆ではねぇ~!下手なのを棚に上げて恥ずかしい言い訳けです。
突き出た先でダンスをしたアメリカ人がいたそうですよ!
度胸がありますねぇ~!
楽しみにしていたのに、ぼぁ~とした景色で残念です。
心掛けが悪いのかなぁ~・・・・・。

 

  1. 2008/08/25(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008サンフランシスコ旅日記-巨大マツボックリ?!

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

巨大 マツボックリ?!

IMG_0474.jpg  シュガーパインのマツボックリ-74.jpg

 

IMG_0559.jpg ジャイアントセコイヤの松かさ.jpg

樹にパイナップルがぶら下がっている様な、巨大松ぼっくり?が見えます、
ジャイアントセコイアの実、鞠果です、成熟するのに2年かかります。
この中にオートミール片大の種が200~300 程入っています、
毎年、何百万の種が地面に落ちますがその中で発芽し、
大木に成長するのは百万に一つと云われています。
セコイアには鞠果を落とす能力がありません、種の分散には
ダグラス栗鼠と云うチェリカー、角の長いカブトムシの力を借り、
鞠果の栄養分を与えるお返しにセコイアの繁殖を助けてもらっています。
                        ( パークレンジャーさんの説明 とパンフレットより)

樹もでっかいけれど、実もでっかい!50cm 以上はある、ビックリです、
一つ欲しかったのですが"ダメ!"持ち出し厳禁でした。
“ ワウォナホテル ” で昼食をして、
午後はヨセミテ渓谷が一望出来るグレイシャーポイントへ・・・・。

 

嬉しい贈り物

IMG_1149.jpg 北海道-2.jpg

 

IMG_1161.jpg 北海道-3.jpg

北海道のお友達から、北海道限定の " 美味しいお品 " が届きました。
珍しい品ばかりで、食いしん坊のチャメ婆は、すご~く嬉しい ♪ です。
特に " 蔵生 " は、ほっぺが落ちそう!
ホワイトチョコレートサブレで~す ♪
皆様には、写真でご馳走しますわ ♪  あ~ら!目にご馳走でご免なさい。



 

 

 

  1. 2008/08/24(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008 サンフランシスコ旅日記-ジャイアント・セコイア

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

 

巨木 ジャイアント・セコイア

IMG_0540.jpg ジャイアントセコイヤ-540.jpg

 

IMG_0556.jpg ジャイアントセコイヤ-556.jpg

遠~い、太古から生き続けている、ジャイアントセコイアの
根元の周囲は30m を越えるものや、
高さ 80m・90mを超す巨木が沢山あります。
木々が多いのに明るい森です、それは定期的に
プランニング・ファイアー(山焼き)をして下草を燃やし、
自然発火での大山火事を防いでいるからです、
ジャイアントセコイアは根が浅いので下草が、はびこると
根に悪い影響がでて致命傷になりかねません、
プランニング・ファイアーによってそれも防ぐ事ができます。
樹皮が50cm もあり、セコイアは火には強いそうです。
                                     (オーデオ説明より)

この樹は、余り大きくなく近くまで寄れましたが、
殆どの巨木の根のまわりには保護柵があって近くに行けません。
この他、沢山、面白い樹がありました。
センタクバサミの木と云う洗濯ばさみの形に幹が空洞になった樹、
根っこが面白い形になったものや、エピソードが残る樹・・・・・・・・等、
ありましたが、トラムに乗っていては写真が旨く撮れません。
膝が悪くなかったら一日、歩いて、見て回りたかったです、
少々、心残りでした。

急に朝夕、涼しくなりましたね、静岡県東部でも、今朝 21 度でした。
皆様の処は如何でしょうか。季節の変わり目の折柄、
お風邪等をお召しになられません様にご自愛下さいませ。

長くなりましたが、サンフランシスコ旅日記を、もう少しお付き合い下さい。


 

 

 

 

  1. 2008/08/23(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2008サンフランシスコ旅日記-トンネルの樹

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

 

トンネルの樹

IMG_0519.jpg ジャイアントセコイヤ-519.jpg

 

IMG_0493.jpg ジャイアントセコイア-493.jpg

巨木の真ん中をくりぬいて造られた、
トンネルの木、第2号だそうです。
ワオナのトンネルの木、1号は1968~1969年の厳しい冬に倒れました、
何百万人も訪れ初期には幌馬車で、後には車で
トンネルをくぐり抜けたりしました。
この2号の「カリフォルニア・トリー」は
ワオナのトンネル・トリーが雪で埋まる冬の間の
ピンチヒッターとして幹に大きなトンネルが掘られました
弱っているのにも係わらず生きて成長し続けています、
今日では、このような木の破壊は許可されません。
トンネルの木はマリポサ森林の宣伝に役立っています。
1906年にヨセミテ国立公園に編入されました。
                     (セコイア散策ガイドより抜粋)

宣伝用に生のままの巨木に掘られたトンネル、
人間の勝手な行為も、樹の大きな "心" で見守り、
踏ん張って成長をし続けている・・・・、凄い!
そんな広い "心" の ジャイアントセコイアを見ながら
日頃の自分勝手で我が儘な、ちっぽけな自分を感じ反省したチャメ婆です。

 

 

  1. 2008/08/22(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2008 サンフランシスコ旅日記-マリポサグローブ

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

IMG_1131.jpg 8.21 朝の富士山-2.jpg

AM 5:30 気温 22 度 だいぶ涼しくなりました。朝日に雲が染まっています。

 

≪ 29日 ヨセミテ国立公園 ≫

マリポサグローブ

29日の夜明け

IMG_0467.jpg ホテルの夜明け.jpg

朝、5:00 明るくなり始めました、明るいって幸せを感じますね。
素晴らしい青空!ブラボー!
しかし遠くの山々は、まだ煙に影響させています。

 

トラムでジャイアントセコイアの森へ

IMG_0515.jpg トラム.jpg

 

DSCF3115.jpg 倒れた大木-F115.jpg

7:00 ロッジを出発、マリポサグローブへ
ヨセミテ国立公園入り口を過ぎ、暫くした処にある “ワオナホテル” の駐車場から
無料のシャトルバスで、ジャイアントセコイアの森へ行きました。
ここは幸い、位置の関係か、風の関係か、空は青く澄んで綺麗!
この森の中は、歩くかトラムに乗って見学をします、
私達はトラムに乗り日本語説明のオーデオを借りて森を一周、
直ぐの処に大木が倒れていました、大木なのに根が浅いのが弱点だそうです。
セコイアはタンニンの含有量が多く天然の防腐剤の役割を果たしていると
考えられ腐朽速度が遅いといわれています。
木の質はもろく一本木として伐採されることは少なく
保護の最大防衛力となったと云われています。(一部説明書より抜粋)

深呼吸!森林浴!マイナスイオン!を一杯すって元気溌剌!!

  1. 2008/08/21(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテ国立公園-5

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1095 8.20  朝.jpg

 

AM 6:30 気温 26 度 晴れ。霞の中に微かに見えました。

 

≪ 28日 ヨセミテ国立公園 ≫

 

ヨセミテの山々

DSCF3113.jpg ヨセミテの山-F113-22.jpg

 

IMG_0460.jpg ヨセミテの山-460-22pg.jpg

 

IMG_0465.jpgヨセミテの山-465.jpg

ヨセミテの山々が夕陽に染まりはじめました、
山火事の煙で綺麗に見えるはずの山々がボーとしていて残念です、
私達は2泊3日の予定ですが、日帰りツァー、の方々は
お気の毒だなぁーと思いました。
ガイドさんがロッジの送電が止まっている様だ、と
心配されていらっしゃいましたが、案の定、
宿泊予定のロッジは電気がつきません、
ロビーやパブリックスペースのみ自家発電でついているだけ。
近くのレストランで夕食をする予定が、
停電で全て営業していません。
仕方なく、売店でパンとジュース、ビールを買って、
暗くならないうちにバルコニーで寂しい夕食をしました。
夜9時になると暗くなり、お風呂へも入れず、ローソクの光が頼りです。
辺りが静かになりました、マーセド川の流れだけが “さらさら” と聞こえます。
真っ暗な中、周りの森が黒い大きな固まりに見えて、不気味でした。
孫が「怖いよ~!寂しいよ~!お家へ帰る!」と泣きながらやっと
眠り、やれやれ。    明日は、綺麗な景色が見られる事を祈りつつ・・・・・。

普段私達は、暗くなれば電気がつくのが当たり前、と思って
何気なく暮らしていますが、ひとたび、電気がないとパニック!
何をするにも電気が無ければ、どうにもなりません。
電気のありがたさを感じた夜でした。

写真を撮るのも忘れてしまいましたよ~!

  1. 2008/08/20(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテ国立公園-4

 

≪ 28日 ヨセミテ国立公園 ≫

 

ヨセミテ渓谷の歴史

2500万年前はなだらかな山で、マーセド川がゆったりと流れていた、
200万年前見ろから、マーセド川の浸食が進み、
バレーは深いV字谷なって行き、
その後シエラネバダ山脈が隆起し始め、益々V字谷は深くなり
約7万年前、渓谷が1000m の氷河に覆われた。
氷河の流れと共に渓谷は削られU字谷に変化し、
約2万年前、地球の温暖化で氷河が後退し始め、谷底に湖が出現した。
そして氷河が無くなり足場を失った河川は氷河が削った
1000m の絶壁から流れ落ちる滝となった、
自然の造形の素晴らしさ!時の流れと膨大なエネルギーの
偶然の作用の宝物と云われ『神々の遊ぶ庭』と讃えられている                                                                                     (案内書より抜粋)

 

ヨセミテ滝

DSCF3093.jpg ヨセミテ滝-F93-22.jpg

 

IMG_0522.jpg ヨセミテ滝の下.jpg

ヨセミテ滝の下に着きました。
この滝は世界第五番目の高さを誇り落差740m 、三段に成っています、
乾期なので水の量が少なく静かな滝です、
煙の影響でクリアに見えません。
若くて健脚の方なら滝の上まで歩いて行けますが、
婆は元気溌剌でもダメ!
膝をかばって、河原に下りて眺めただけです。
石がごろごろで足場が悪く滝の側へも行けませんでした。

                        

 

 

 

 

  1. 2008/08/19(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテ国立公園-3

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1088 8.18 朝.jpg

 

AM 8:00 気温 22 度 晴れ後曇り。
早朝は雲の中でしたが、少しの時間姿を見ました。

 

≪ 28日 ヨセミテ国立公園 ≫ 

 

ヨセミテロッジの広場にて 野生のリス

IMG_0675.jpg リス-1.jpg

 

巨大な岩

IMG_0424.jpg 巨大岩-1.jpg

 

IMG_0453.jpg 巨岩-2.jpg

火事で渋滞があって予定より2時間程遅れ、5時間の予定が7 時間掛かって
ヨセミテロッジに着き、大きな木陰で遅い昼食をしていると、
野生のリスが沢山集まってきました。餌を上げてはダメですが、
食べこぼしを拾って食べる仕草は可愛い!!和ませてくれます。
花崗岩(白御影石)の巨大な岩がごろごろ、今にも崩れ落ちそう!
「御影石の巨大な墓石の下敷きになるぅ~! 」なんて、
ふざけながら、ゆっくり滝の下まで歩きました。

 

※  皆様、毎日、拙いチャメ婆のブログを見て頂き、
   感謝申し上げます。
   2222 人目にお訪ね下さったのがトド先生でした。
   ありがとうございました。キリ番!大当たり~!カラン ♪ カラン ♪ ♪ 

アクセス時間利用者
222222008-08-18 19:37:36トドオスさん
222212008-08-18 19:36:02125.100.*.*
222202008-08-18 19:35:1666.160.*.*

 

 

  1. 2008/08/18(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテ国立公園-2 

 

≪ 28日 ヨセミテ国立公園 ≫

カリフォルニア州の中部にあり、アメリカでは
もっとも人気がある国立公園です。青空にそびえる山々
力強く流れる滝!絹のような渓流!
大自然がもつあらゆる美しさと魅力が此処には息づいている
                                            (パンフレットより)

 

巨岩のトンネル

IMG_0501.jpg 岩のトンネル-501.jpg

国立公園の入り口を過ぎて、直ぐの所にある
巨大な岩のゲートです。巨岩にビックリ!凄いです。

 

ブライダルベール滝

IMG_0409.jpg 滝ブライダルベール-1.jpg

この滝は風で滝の水が飛ばされ花嫁のベールの
様に見えます、風によってフアーと広がったり細く流れたり
色々な姿を見せています。

 

マーセド川に掛かるセンチネル橋から・・・ ♪ 

IMG_0413.jpg 川-1.jpg

マーセド川に掛かるセンネル橋から見た
川で遊ぶ家族連れです、水が澄んで美しい景色に
しばし足を止めて眺めました。

火事の現場から 80km 近く離れている、ヨセミテ渓谷までも
煙が流れて来ていました、花崗岩(白御影石)の岩山なので
空が白い煙に影響され、ハッキリ見えません。
滝が、ふあ~としたベールに見えるのですが、
肉眼でも、こんなにしか見えません、残念!明日に期待をしました。
目的地にはこれから10分ほど走って到着しました。

  1. 2008/08/17(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-ヨセミテ国立公園

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

 

IMG_1081 8.16朝.jpg

AM 6:40 気温 27 度 晴れ、久しぶりで富士山が姿を現しました。

 

≪ 28日 ヨセミテ国立公園 ≫

ヨセミテの山火事!

IMG_0401.jpg 乾燥注意の看板.jpg

 

IMG_0495.jpg ヨセミテの山火事-2.jpg

 

P7290056.jpg ミッドパインの火事-56.jpg

ヨセミテ観光ツアーに申し込み、朝AM 7:00 今回の旅行のメインである、
ヨセミテ国立公園に出発しました。
ミニバンに家族6人とドライバー兼ガイドさんと7人で
二泊3日の渓谷への旅です。
サンフランシスコから南東に走って約5時間程の所にあります 。
4時間近く走った所で火事!山火事です!
カリフォルニアは今、乾期で"火"に注意の看板が立っています、
もの凄い勢いで燃える大火事 !真っ赤に燃え立つ火と
もうもうと立ち上がる煙!驚き!恐怖でした。

送電が停止されホテルは真っ暗闇、何もない!ロウソクの生活をしました。

  1. 2008/08/16(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2008 サンフランシスコ旅日記-フェリービルデング

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

 

フェリービルディング

IMG_0345.jpg フェリービル-11.jpg

 

IMG_0346.jpg  フェリー.jpg

ホテルで一休みをしてPM 5:00 でもまだ日が高い、
孫の◯唯ちゃんとジイジはぐっすりお眠むなので、若者と婆ひとりは
ミュニメトロ(路面電車)でベーブリッジ方面へ行きました。
サンフランシスコのランドマークとして人気がある
フェリー・ビルディング・マーケットブレイスは
かっては時計塔の役目とフェリー乗り場としてだけに使われていました。
今でもフェリーが発着していますが、
2003年フーズマーケットプレイスとして生まれ変わり
流行の最先端のレストランや有名店が連なってオーガニック野菜や
新鮮な食材、サンフランシスコの"食"の全体を見ることが
出来ると云われていますが、
生憎遅い時間でしたので、それを見ることは出来ませんでした、残念!
フェリーの左側に霞んでベーブリッジが見えています。

 

お盆なので実家に行ってきました。
兄妹、姪、甥、が集まり賑やかです、お墓参りをして、ご馳走になって
時間の経つのも忘れ楽しく過ごし帰りが遅くなりました。

熱海は、今年の夏は、凄い賑わいです、海水浴場も満杯!
此処、近年になかった、事だそうです。
ガソリンの高騰によるものか・・・・はて??

  1. 2008/08/15(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2008 サンフランシスコ旅日記-ピア39のアザラシ

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

 

ピア39 のアザラシ

IMG_0284.jpg  3x@od-84-2.jpg

 

IMG_0469.jpg  アザラシ-69-1.jpg

フィッシャーマンズ・ワーフ ピア39

もとは桟橋として使われていた所です、倉庫等を
利用してショッピングセンター、レストラン、ブティックが
立ち並らび、フィッシャーマン・ワーフで一番、賑わっています。
桟橋の海側に"アザラシ"の群れがいて、
大人も子供も楽しめる観光客の人気スポットとなっています。
イベントも色々やっていましたよ♪
ピァ(桟橋)は43・41・39・35・33・・・・等あります。
あちらこちらと足を止めて見ながらの散歩で疲れました。
午後3時を過ぎジイジの万歩計は13,000を越えています、
ホテルに帰って夕食まで、お昼寝 ♪ をしました。

※ 済みません万歩計は13,000 でした、婆の書き間違いです、ご免なさい。

  1. 2008/08/14(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

2008 サンフランシスコ旅日記-水陸両用車と GoCar

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

水陸両用車

IMG_0260.jpg 水陸両用車-1.jpg

 

GoCar

IMG_0271.jpg   Gocar-71.jpg

水陸両用車を私は初めて見たのですが、
日本にもあるのでしょうか?
珍しいなぁ~!と眺めましたが、
ここは港町便利な乗り物なのでしょうね。
観光ツァーに使われているそうです。

GoCar は、GPS ガイド付き英語はもとより日本語、フランス語、
ドイツ語、イタリア語、スペイン語 の6ヶ国での
説明を聞きながら観光出来る乗り物です。

 

サンフランシスコで日本人の観光客に会いませんでした。
日本の方かな、と思うと中国の方だったり・・・。
ハワイは日本人が沢山居て、現地の方も日本語を
話せる方が多いのですが、ここでは日本語は全く通じません。
欲しい物が、あっても、何をするにも娘夫婦が頼り!
英会話ができたらなぁ~と思いました。 もう遅いよね!!

  1. 2008/08/13(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008 サンフランシスコ旅日記-フィッシャーマンズワーフ

 

≪27日 サンフランシスコ市内 ≫

フィシャーマンズ・ワーフ

IMG_0474.jpg 蟹の看板.jpg

 

IMG_0477.jpg フィッシャーマン-蟹.jpg

 

IMG_0475.jpg フィッシャーマン ご馳走.jpg

 

IMG_0478.jpg フィッシャーマンワーフの昼食.jpg

もともとは漁師や魚屋さんが集まった漁港だったが、
徐々にサンフランシスコの人気スポットとなり、
漁師だったイタリア人の子孫が経営しているレストランや
屋台の様なシーフードの店が沢山あります。
缶詰工場や波止場の倉庫等はショッピングセンターに
生まれ変わり賑わっています。

此処で昼食にしました、
ハンバーガー、サンドウィッチ、ピザ・・・・・、
大きくて二人で1ヶでも食べきれません。
蟹、エビの殻付きを揚げた物、フライド・ボテト等
カリカリしていて凄く美味しい!
サンフランシスコの屋台の醍醐味でした。
それにしても食べきれません、
残りは持ち帰りホテルでビールのつまみにしました。

  1. 2008/08/12(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2008 サンフランシスコ旅日記-アルカトラズ島

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

アルカトラズ島

IMG_0246.jpg  アルカトラズ島-1.jpg

 

IMG_0291.jpg アルカトラズ島-3.jpg

現在まで135万人もの観光客が訪れているアルカトラズ島は
1865年頃より軍の刑務所となっていたが
1934年~1936年まで連邦刑務所として1545人の囚人達が収監された。
島を取り巻く早い潮流と7~10度の冷たい水温で泳いでは脱出出来ない
脱獄不能の刑務所と云われ「岩(ザ・ロック)」と呼ばれていた。
マフィアの帝王アル・カポネやマシンガン・ケリーなども
この島に投獄されたという。島内には独房などの施設も保存されている。
アメリカ連邦、ナショナル・パーク法で保護されているので
島を損傷させたり、喫煙、飲食も禁止されている。
                                                   (案内書より抜粋)

今はセルハウス(刑務所)の
オーディオガイドツアーが人気があるそうですが
何となく気味が悪い、怖いので遠くから眺るだけにしました。
霧が深く島全体が見えたのは、お昼近くでした。

  1. 2008/08/11(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-パレス・オブ・ファイン・アーツ-2

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

 

パレス・オブ・ファイン・アーツ

IMG_0160.jpg パレス・オブ・ファイン・アーツ-8.jpg

 

IMG_0152.jpg パレス・オブ・ファイン・アーツ-7.jpg

 

IMG_0177.jpg パレス・オブ・ファイン・アーツ-9.jpg

柱の上にふくよかな女性が背中を向けて中を覗き込む様にしています、
その像が幾つもあるのです、
どうして背中を向けて居るのか調べましたが解りません。
ご存じの方、いらっしゃいましたら、教えて下さい。
近くで見ると巨大な建物に圧倒されます。

此処でカメラを落としてレンズを壊しました、
望遠レンズに替えようとしての不注意です、
ショック!パニック!ああー!どうしよう!!
命の次??!に大事なものなのに・・・・シュ~ンと落ち込みました、
幸いカメラは使える様なので 気持ちの切り替えは早い
元来、天然ボケで忘れっぽいチャメ婆ですから直ぐに元気を取り戻し
canon 10~22 と 70~300で撮りましたが、
一番便利なタムロン18~250を壊したのは、後々不便を感じました。

  1. 2008/08/10(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008 サンフランシスコ旅日記-パレス・オブ・ファイン・アーツ

 

我が家の屋上から見える夕方の富士山

 

IMG_1038 8.9 夕方の富士山.jpg

PM 5:30 富士山が見えましたよ!!
午後3時頃、激しい雷雨でした。雨が止んで明るくなったので
もしやと思い、屋上に上りました、
見えましたよ、山頂が薄く白くなっています、
雹が降ったとニュースで報じていました。
G9で撮りましたのでハッキリ見えますでしょうか。

UPの後でしたので、更新しました。

 

≪ 27日サンフランシスコ市内 ≫

バレス・オブ・ファイン・アーツ

IMG_0116.jpg パケス・オブ・ファイン・アーツ-4.jpg

 

IMG_0110.jpg パレス・オブ・ファイン・アーツ-3.jpg

 

IMG_0128.jpg パレス・オブ・ファイン・アーツ-5.jpg

ゴールデンゲートブリッジの近くにあにあります。
『1915年パナマ太平洋博覧会への出展物として建てられ
 ローマの破壊?をイメージして造られた巨大な芸術品的建物』
                      (説明文より抜粋)
周辺は緑と池に囲まれアメリカで
ローマ芸術の雰囲気を味わえる、静かな処です、

今、円形の建物部分が修理中で建築の足場が掛かっていました。


 

  1. 2008/08/09(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2008 サンフランシスコ旅日記-ケーブルカーの中から

 

≪ 27日 サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ へ ≫

 

ケーブルカーの車窓から

IMG_0058 ケーブルカーの中から.jpg

 

IMG_0064.jpg ケーブルの中から-64-1.jpg

 

IMG_0396.jpg ケーブルカー396.jpg

ケーブルカー(パウエル・ハイド)線で
フィッシャーマンズワーフへ行きました
窓から見えた景色です。3枚目の写真に線路が三本見えますが
真ん中の腺に牽引のケーブルが通っています。
普通、私達が日本で乗っているケーブルカーは牽引ケーブルが
空中にありますが、サンフランシスコの坂道を走る
このケーブルカーは道路の中、システムが違うのですね。

この日は霧が濃く、気温が12~14度位で寒いです。
少し早すぎたので出直すことにして
バスでパレス・オブ・ファイン・アーツへ

 

 

 

  1. 2008/08/08(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2008 サンフランシスコ旅日記-霧の町

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

IMG_1017.jpg 8.7 朝の富士山.jpg

AM 5:30 気温 24 度 晴れ。久しぶりに夏の姿が見えました。
空気も爽やか清々しい立秋の朝です。

実は、旅行中、命の次?!に大事なカメラを落として
レンズが壊れてしまいました、ボデーは大丈夫な様なので
そのまま使いましたが、衝撃の後遺症が出ると困るので
canon に入院させました。ショック!悲しいです。
今朝の富士山はcanon G9 で撮りました。

 

≪ 27日 サンフランシスコ市内 ≫

IMG_0036.jpg 霧-2-33-34.jpg

朝、カーテンを開けると、霧! ビルが霧の中です。
サンフランシスコは霧の街を実感しました。

AM 9:00  朝食を済ませ、
一日、公共交通機関乗り放題のパスポートで行動開始です。

IMG_1005.jpg  一デイパスポート.jpg

 

先ずはケーブルカーで ♪

IMG_0042.jpg 方向転換-2.jpg

パウエル駅前の始発、ターンテーブルの上に乗った車体を
人力で方向転換をします、日本では考えられない光景でした。
霧が深く昨日の様な青空は見えません、朝夕は毎日霧が発生するそうです。
海流(海流の名前は忘れました)の関係で夏涼しく冬温かく、
気温は 12~14度位、セーターにジャケットを羽織っても寒いです。

  1. 2008/08/07(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2008 サンフランシスコ旅日記ーユニオン・スクエアー

 

≪ 26日 サンフランシスコ市内 ≫

ユニオン・スクエアー

IMG_0008.jpg ユニオンスクエア-3.jpg

 

IMG_0379.jpg ユニオンスクエアの搭.jpg

 

IMG_0380.jpg バス-1.jpg

ホテルにチェックイン、荷物を整理して、一休み。
部屋で軽い昼食を済ませ、
ホテルの近くのユニオン・スクエアーまで散歩をしました。
サンフランシスコの中心にある広場で、
『南北戦争が勃発した時代にカリフォルニアが
The Union (北部)に賛同し、此処で集会を開いたことから
             この名前が付けられた』そうです。                                       
広場中央にある高いモニュメントは『1898年マニラ湾沖の
戦いで、スペイン軍から勝利を勝ち取った英雄ジョージ・デュウイを
讃えて建てられた』 ものだそうです。(案内資料より)

木陰でくつろぐカップル、家族連れ、等々賑やかでした。
イベントをしていましたよ♪ 屋台風の店も沢山でていました。
赤や黄色のラッピングバスは二階建てのオープンカー!
日本では見られませんね。 
全て大きく色は派手!アメリカだなぁ~と
カルチャーショックです。

  1. 2008/08/06(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2008 サンフランシスコ旅日記-バートで市内へ 

 

≪ 7月26日 サンフランシスコ市内 ≫

空港から地下鉄 バートに乗ってパウエル駅で下車、市内へ。

IMG_0371.jpg 地下鉄バートで市内へ.jpg

 

サンフランシスコ市内

IMG_0001.jpg パウエル駅前.jpg

 

IMG_0373.jpg 市内のビル-1.jpg

雲一つ無い青空!こんなに澄み切った空を眺めるのは
久しぶりです、蒸し暑く靄が掛かっていた日本を脱出、
太平洋を一っ飛び!すると、
サンフランシスコも夏、太陽がギラギラですが
湿度が低く、さらぁーとして気分爽快です♪

 

 

  1. 2008/08/05(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008  サンフランシスコ旅日記-出発

 

我が家の屋上から見える今朝の富士山

AM 5:30  気温 27 度 猛烈に蒸し暑いです。
深い靄で見えません。
この状態では暫く富士山は望めないと思います
涼しくなって綺麗な姿が見られる様になるまで
『我が家の屋上から見える今朝の富士山』は、お休みにさせて頂きます。
悪しからず・・・・。

 

≪ サンフランシスコへ ≫

7 月26 日 PM 18:05 成田発 JAL 2便で出発。

IMG_0364.jpg 成田出発.jpg

 

綺麗な夕陽に送られて ♪♪♪

P7260004 成田の夕陽-1.jpg

 

現地、26日AM 11:20 サンフランシスコ国際空港に到着しました

IMG_0370.jpg サンフランシスコ国際空港-2.jpg

皆様、ご無沙汰を致しました、只今、帰りました。

少し早い夏休み♪ 家族で
サンフランシスコ、ヨセミテナショナルパークを
ハイキング、森林浴をしてきました。
色々ハプニングもあり思い出深い旅行となりました。

  1. 2008/08/04(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

チャメ婆

Author:チャメ婆
何時も ご覧頂きありがとうございます 
下手な横好き趣味の写真が大好きな
傘寿近しの婆です
どうぞ宜しくお願い致します
婆の拙い写真と文章ですが著作権は
放棄しておりません。

何時も見て頂いてありがとうございます

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1352)
夏休みの家族旅行 ハワイ (12)
旅行 (40)
ハワイで見た花達 (4)
富士山 ・ 花 (208)
春夏秋冬の趣 (1)
雲 (1)
私の幸せ (7)
自然の美 (77)
富士山と季節の行事 (5)
富士山 (27)
花 (208)
神社仏閣 (64)
思い出 (11)
風景 (500)
グルメ (7)
自然に親しむ子ども達 (2)
富士山・自然の美 (59)
私の想い (5)
風景・花 (115)
富士山・風景 (29)
思い出の風景 (25)
北海道の風景 (16)
神社仏閣・富士山世界遺産構成資産 (22)
伊豆の歴史探訪 (17)
旅の風景 (60)
厳冬の雪景色 (19)
記念写真 (13)
旅の思い出 (40)
仏像と花と (6)
野鳥 (7)
家族旅行 北フランス (44)
歴史ある風景 (31)
お寺の風景 (30)
季節の風物詩 (12)
家族旅行 (17)
行事 (7)
キャラクター (1)
美術 (10)

ブロとも一覧

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR