FC2ブログ

うららの気儘なフォトアルバム

歴史的建物 三渓園 旧天瑞寺寿塔覆い堂




     2018年 12月 28日 (金) 晴れ  最低気温 3度  最高気温 9度



               ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                  ≪ 旧天瑞寺寿塔覆い堂 ≫


旧天瑞寺寿塔覆堂-585

天寿院-606

天瑞寺寿塔-586

扉の装飾-588

『 旧天瑞寺寿塔覆い堂 』 重要文化材

建築年 桃山時代 天正19年(1591年)豊臣秀吉が京都大徳寺に母の長寿祈願のため建てた寿塔(生前墓)を

納めるために建てた建築物  移築は明治38年(1905年) (案内パンフレットより抜粋)


扉の彫刻が飛天、欄間にも彫刻があり、流石、秀吉の母に対する敬愛の念が感じられます

大きな建物ではありませんが素晴らしい建物です。



今日は28日、御用納めですね、何かと忙しい日々、平成最後の大晦日まで、3日を残すのみとなりました

明日から年末年始のお休みに入ります、拙い写真をご覧戴きありがとうございました

明年 1月4日から三渓園歴史的建物の続きを掲載致します、来年も相変わらずご厚誼の程、よろしくお願い申し上げます。





スポンサーサイト



  1. 2018/12/28(金) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:10

歴史的建物 三渓園 臨春閣 




     2018年 12月 27日 (木) 曇り一時晴れ  最低気温 5度  最高気温 11度



                ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                       ≪ 臨春閣 ≫


橋-579

臨春閣-590

臨春閣-580

臨春閣-582

建築年 江戸時代 慶安2年(1649年)  いちくは大正6年(1917年) 紀州初代藩主頼宣が和歌山紀ノ川沿いに建てた

数寄屋風書院造りの別荘建築、内部は狩野派などの絵師によるの複製画  オリジナルは三渓記念館で保存している
                                                    (重要文化財) (パンフレットより抜粋)

臨春閣に入る橋が重厚で紀州の殿様の別邸という感じがします、

落ち着いた建物は洗練された日本建築、雅なところはなく落ち着いた雰囲気が素晴らしいです。



  1. 2018/12/27(木) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:3

歴史的建物 三渓園 白雲邸





     2018年 12月 26日 (水) 晴れ後曇り  最低気温 5度  最高気温 11度



                 ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                        ≪ 白雲邸 ≫


白雲邸-567

白雲邸-570

白雲邸-573

白雲邸-574

白雲邸は原三渓が隠居所として大正9年(1920年)に建てた数寄屋風建築 (横浜市有形文化財)  (パンフレットより抜粋)

池が眺められる落ち着いた建物です、修理工事が行われる様で修理箇所にテープが張られています

アライグマが出没するようです、自然に囲まれたところですから野生の動物も棲むのにはいいところなのでしょうね。





  1. 2018/12/26(水) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

歴史的建物 三渓園 御門



     2018年 12月 25日 (火) 晴れ時々曇り  最低気温 4度  最高気温 11度



                   ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                          ≪ 御門 ≫


御門-566

御門-569

京都東山西方寺にあった薬医門 建築年は江戸時代宝永5年(1708年)頃 移築年は大正時代 (横浜市指定有形文化財)

この門は閉まったまま、門の中はどうなっているのか・・・・・・興味津々ですが分かりません  桧皮葺の重厚な建物です。




  1. 2018/12/25(火) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

歴史的建物 三渓園 鶴翔閣





     2018年 12月 24日 (月) 晴れ時々曇り  最低気温 8度  最高気温 12度



                ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                       ≪ 鶴翔閣 ≫



鶴翔閣-565

鶴翔閣-564

お嫁さん-562

お嫁さん-563

建築年 明治35年(1902年) 平成12年修復 (横浜市指定文化財) 原三渓が住まいとして建てた 床面積 950㎡

三渓と交流があった文化人や政財界人が多く出入りしていた  (パンフレットより抜粋)


鶴翔閣は結婚式とか様々な利用に借りることが出来ます、この日は貸し切りで中は見られませんでした

白無垢のお嫁さん、それを興味深げに見て来賓者に質問をしている外人さん、和やかな風景でした。




  1. 2018/12/24(月) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

歴史的建物 三渓園




     2018年 12月 23日 (日) 曇り後雨  最低気温 8度  最高気温 13度



              ~~~~~ 三渓園 ~~~~~

                      ≪ 大池 ≫


案内図

三渓園-558

三渓園-560


この写真を撮ったのは10月16日です、2ヶ月以上前になります、紅葉を先に UP したので後回しになりました

三渓園は横浜市中区本牧にあります、明治から大正に掛けて製糸、生糸貿易で財をなした横浜の実業家原三渓が

東京湾に面した三之谷と呼ばれる谷間の地に作り上げた広さ約175,000㎡ の日本庭園です

原三渓(本名 原富太郎)が京都、鎌倉などから集めた 17棟の歴史的建造物と四季折々の自然が見事に調和した

景観が見られます、平成19年(2007年)国の名勝に指定されました。 (案内パンフレットより抜粋)


近くなので行こう行こうと思いながらなかなか機会がなく、いつものお友達と 『 三渓園に行こうよ 』 ということになり

紅葉には早すぎましたが出掛けました、根岸駅から歩いて、『うぁぁ、遠い 近くだと思っていたのに・・・遠いね 』

曇り空でしたが汗だくだく、日頃の運動不足が思い知らされます

一歩、中へ入ると大池に写り込む景観が風で少し波打っていますが爽やか、スキーッとしました

案内図はパンフレットをスキャンしましたが暈けて見にくいですがご容赦下さい。



  1. 2018/12/23(日) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

庭の花達 シャコバシャボテン



     2018年 12月 22日 (土) 曇り後雨  最低気温 9度  最高気温 11度



                ~~~~~ 庭の花達 ~~~~~

                    ≪ シャコバシャボテン ≫


シャコバシャボテン-006

シャコバシャボテン-008

庭のシャコバシャボテンです、濃いオレンジ赤がいっぱい咲いて可愛い、ピンクもあるのですがまだ咲いていません

散歩にはズームが大きく、マクロまで撮れる軽いカメラがいい思って canon PowerShot SX70 HS にしました

マクロ設定で撮りましたが、やはりコンデジですね、バック暈けが今一です

私の設定が悪かったのかな、説明書を読んでみます。



  1. 2018/12/22(土) 17:00:00|
  2. | コメント:4

庭の花達 シクラメン





     2018年 12月 21日 (金) 晴れ  最低気温 5度  最高気温 13度



                  ~~~~~ 庭の花達 ~~~~~

                         ≪ シクラメン ≫



シクラメン-071

シクラメン-074

我が家の庭に咲いているシクラメンです、花壇に植える寒さに強い種類です

今朝、大分暖かいのでたっぷり水遣りをしたのですが 『 寒いよ 』 って云っているような・・・・・・・ 水滴が光っています。




  1. 2018/12/21(金) 17:00:00|
  2. | コメント:4

下総中山法華経寺 大仏と絵馬堂




     2018年 12月 20日 (木) 曇り時々晴れ  最低気温 8度  最高気温 15度



             ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                      ≪ 大仏 と絵馬堂 ≫


法華経寺-988

法華経寺-990

釈迦如来座像 享保4年(1719)法華経寺59世日禅上人代に鋳造され身丈1丈6尺台座2間半、

鋳像では千葉県一を誇る大きさである。  (法華経寺案内より抜粋)

古い絵馬堂があります、中を見ると大きな古い絵馬が幾つも掛けられています、調べてみましたが詳しいことは分かりません                             

大仏さんは桜の枝を額縁にして撮ってみましたが、小枝がお顔に掛かってしまいました

久しぶりのお参りでした、のど元過ぎれば熱さを忘れる私ですが日頃の怠惰を反省、気持ちがシャキーッとしました

今回は急ぎ足だったので、又機会をみてゆっくりお参りをさせて頂こうと思います。






     
  1. 2018/12/20(木) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:3

下総中山法華経寺 五重塔




     2018年 12月 19日 (水) 晴れ  最低気温 6度  最高気温 14度



           ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                     ≪ 五重塔 ≫


法華経寺-989

法華経寺-977

五重塔は 重要文化財、江戸時代前期元和5年(1622)18世正教院日慈上人代に本阿弥光室の本願により、

阿弥光室が両親の菩提を弔うために加賀(石川県)前田公の寄進により建立されました、三間四面銅板葺


銅像は法華経寺第一代貫主日常聖人像(下総国守護千葉氏の被官で富木常忍)です

1253年(建長5年)日蓮の法華宗義に帰依し、下総における日蓮門下の有力な信者となりました

富木常忍の識字力の高さなどを見込まれて「観心本尊抄」をはじめ多くの著作や書状を日蓮から送られ

1255年(建長7年)若宮の自邸内に法華堂を建立し、1274年(文永11年)に寺号を法華寺としました

1282年(弘安5年)日蓮の没後に出家して日常と号した。 (Wikipedia より抜粋)


今回は行きませんでしたが宝殿門の向こうにある聖教殿には日蓮聖人の御遺文が納められています

富木常忍は 日蓮聖人幼少の頃より養育教育の守護をされた方です。





  1. 2018/12/19(水) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:5

下総中山法華経寺 手水舎





     2018年 12月 18日 (火) 曇り後晴れ  最低気温 6度  最高気温 13度



              ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                        ≪ 手水舎 ≫


法華経寺-981

法華経寺-984

法華経寺-985

法華経寺-983

苔むした岩から清水が出ています、並びに観音様があり千羽鶴が沢山掛けられています

千羽鶴の色のグラデーションが綺麗ですね、香炉にお線香が供えられています、人もまばらで静かな境内でした。




  1. 2018/12/18(火) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:5

下総中山法華経寺 宝殿門




     2018年 12月 17日 (月) 雨後晴れ 最低気温 4度  最高気温 9度



           ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                      ≪ 宝殿門 ≫


法華経寺-974

法華経寺-975


『 法華経寺 宝殿門 』

法華経寺祖師堂のちょうど裏側、祖師堂と荒行堂の間にあり、門の下の石段を昇ると聖教殿へと続きます

宝殿門は太客殿、荒行堂、祖師堂を結ぶ回廊です。 (Wikipedia より抜粋)


荒行堂の左にあります、上ったことがありません

普通は通り抜けられない門なのかも知れません、勉強不足で詳しく分かりませんが・・・

古い建物の様に思います、今度お寺さんに伺ってみようと思います。



  1. 2018/12/17(月) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:6

下総中山 法華経寺 鬼子母神



     2018年 12月 16日 (日) 曇り後雨  最低気温 3度  最高気温 9度



                ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                         ≪ 鬼子母神 ≫


法華経寺-971

法華経寺-972

『 鬼子母神 』

夜叉毘沙門天の部下の武将八大夜叉大将の妻で、500人(一説には千人または1万人)の子の母であったが、

これらの子を育てるだけの栄養をつけるために人間の子を捕えて食べていた、そのため多くの人間から恐れられていた

それを見かねた釈迦は、彼女が最も愛していた末子のピンガラを乞食(こつじき)に用いる鉢に隠した

彼女は半狂乱となって世界中を7日間駆け抜け探し回ったが発見するには至らず、助けを求めて釈迦に縋ることとなる

そこで釈迦は、「多くの子を持ちながら一人を失っただけでお前はそれだけ嘆き悲しんでいる、それなら、ただ一人の子を失う

親の苦しみはいかほどであろうか」と諭した、鬼子母神は改心し釈迦に教えを請う、

釈迦は「戒を受け、人々をおびやかすのをやめなさい、そうすればすぐにピンガラに会えるだろう」と言った

彼女が承諾し、三宝に帰依すると、釈迦は隠していた子を戻した。

以後鬼子母神として王舎城の守護神となったといわれる、日本では主として,安産,保育の神として信仰され

ときに盗難よけの神ともされる。 (Wikipedia より抜粋)



中山法華経寺にお参りするのは30年ぶり、境内の様子をすっかり忘れる程の年月です

今回は急いでいたので中まで入らず、入り口でお参りしてきました。





  1. 2018/12/16(日) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

下総中山法華経寺 荒行堂




     2018年 12月 15日 (土) 晴れ  最低気温 5度  最高気温 10度



            ~~~~~ 中山 法華経寺 ~~~~~

                      ≪ 荒行堂 ≫


法華経寺-967

法華経寺-969

法華経寺-968

『 法華経寺 』

鎌倉時代に日蓮大聖人が最初に開かれた五勝具足の霊場、大聖人のご生涯には四度の大きな法難があり、

文応元年(1260)松葉ヶ谷の焼き討ちの折、大檀越であった下総若宮の領主富木常忍公と、中山の領主太田乗明公が、

当地に大聖人をお迎えして御弘通をお願いされました。大聖人自ら立像釈迦牟尼佛を安置され、法華堂開堂供養会を営み、

百日百座の説法をなされたことに始まります。  (法華経寺ホームページより抜粋)



日蓮宗の祈祷根本道場で11月1日から2月10日まで世界三大荒行の一つと言われていいる日蓮宗のお上人様になるための

寒百日大荒行が行われています、お粥をすすり、定められた時間にひたすら水を被る水行、そして勤行、それを100日間

辛いなどと云うレベル以上の艱難辛苦の時間だと聞いています

お寺の若上人様が荒行に入っていらっしゃるのでお見舞いのお参りに行って来ました

読経が聞こえてきます、身が引き締まる思いでした、その姿を目の前に胸が一杯、力いっぱい頑張っていらっしゃるのが

よく分かります、何も言えません言葉が出て来ませんでした、涙でじっと見つめるだけでした。




  1. 2018/12/15(土) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:3

紅葉を尋ねて 平林寺 雑木林



     2018年 12月 14日 (金) 晴れ後曇り  最低気温 6度  最高気温 11度



             ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                         ≪ 雑木林 ≫


モミジ林-050

モミジ林-051

モミジ林に太陽が燦々と降り注ぎ、ベンチで一休み大勢の紅葉見物の観光客で賑わっています

この日(11月30日)は暑いくらいの晴れ、いつもの友達とぶらぶら歩きの紅葉見物は最高でした

モミジの色が昨年より鮮やかではなかった様な気がしますが、夏の酷暑と台風の塩害だそうです

自然気象の事ですから仕方がありません、満足 満足 のモミジ見物でした

同じような写真ばかり続きましたが、飽きずにご覧戴きありがとうございました。




  1. 2018/12/14(金) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 野火止塚




     2018年 12月 13日 (木) 曇り  最低気温 5度  最高気温 10度



             ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                        ≪ 野火止塚 ≫


野火-044

野火-045

雑木林に小高い小さな盛り土になっている野火止塚(のびとめづか)があります

かつては一面の平野だったこの地に、野火を見張るための小高い土盛りが数多く点在したと言われます

地名の由来でもあります。  (平林寺ホームページより抜粋)

関東平野の広大な雑木林を開拓した田畑を野火から護る為に小高く盛り土した見張り台の様なものだったのでしょう

平林寺堀(野火用水)の名残も見られます、燦々と降り注ぐ太陽、雑木林で森林浴、気分爽快です。





 
  1. 2018/12/13(木) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 モミジ林




     2018年 12月 12日 (水) 雨  最低気温 3度  最高気温 11度



              ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                        ≪ モミジ林 ≫


モミジ林-023

モミジ林-026

モミジ林-030

モミジ林-035

モミジ林が続きます、森林浴をしながらぶらぶら歩きは気分がリラックスします

この辺りまで来ると、モミジ鑑賞の観光客も少なくなり静かです

木陰のベンチでゆっくり休みながらの相変わらずのお喋りは楽しいですよ 





  1. 2018/12/12(水) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 照葉




     2018年 12月 11日 (火) 曇り後雨  最低気温 4度  最高気温 9度



             ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                          ≪ 照葉 ≫


モミジ葉-013

モミジ葉-015

モミジ-018

逆光線はモミジを一層鮮やかに見せますね、色飛びしたところもありますが陽を浴びて照っています

風が吹いたら飛んでしまいそうな照葉のもみじも綺麗です。





  1. 2018/12/11(火) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:3

紅葉を尋ねて 平林寺 石灯籠


     2018年 12月 10日 (月) 曇り時々晴れ  最低気温 6度  最高気温 10度



          ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                    ≪ 石灯籠 ≫


石灯籠-011

石灯籠-017

大河内松平家の廟所があり、沢山の石灯籠が並んでいます、江戸初期第五代川越藩主の松平伊豆守信綱は

老中として徳川家光、家綱に仕え江戸幕政の確立に寄与しました、川越藩主としても勝れた治世を行い

その先見の明は知恵伊豆と称されました (案内パンフレットより抜粋)

本堂から大河内松平家一族の廟所に通じる参道は杉林に囲まれ昼なお暗き静謐の世界です。






  1. 2018/12/10(月) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 モミジ




     2018年 12月 9日 (日) 曇り時々晴れ  最低気温 8度  最高気温 11度



             ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                         ≪ モミジ ≫


モミジ-008

影-994

杉林の中の真っ赤なモミジ、印象的でした、この辺はまだ緑濃いモミジもあります

陽差しの関係なのか、種類の違いなのか、気象の関係か ??? 去年は緑のモミジはなかったような気がします。






  1. 2018/12/09(日) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 葉書の木と片割れ地蔵





     2018年 12月 8日 (土) 曇り後晴れ  最低気温 9度  最高気温 13度



            ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                  ≪ 葉書の木と片割れ地蔵様 ≫


葉書の木-998

お地蔵様-006

多羅葉(ターラ)の木は葉に文字が書ける不思議な木です、通称、葉書の木と云われているそうです

昔は葉に文字を書いて伝えたのでしょうか、葉書の由来はこんなところからかも知れませんね

お釈迦様の教えを伝えるのに使ったとも云われているようですが詳しいことは分かりません。

多羅葉の木の近くの仏殿と中門の間近くに、この片割れ地蔵様があります、なんで片割れと云うのか不思議です

平林寺ホームページでは、『 もとは1対だった地蔵の片方を平林寺に祀ったといわれています 』 と ありますが

もう一体のお地蔵様はどこにあるのでしょうか

昨年はモミジの素晴らしさに目を奪われこのお地蔵様には気がつかなかったような・・・・・・。






  1. 2018/12/08(土) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 写り込み



     2018年 12月 7日 (金) 曇り後晴れ  最低気温 9度  最高気温 18度



            ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                       ≪ 写り込み ≫


写り込み-990

写り込み-988

放生池(放生池)に紅葉が映り込んでいます、ちょっとゴチャゴチャしています

池の水が湧く出口から大きく波紋が広がっています、絵の具を流したような面白い画になりました。



  1. 2018/12/07(金) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 半蔵坊感応殿




     2018年 12月 6日 (木) 雨  最低気温 9度  最高気温 15度



           ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                    ≪ 半蔵坊感応殿 ≫


平林寺-980

平林寺-679

平林寺-977

半蔵坊感応殿の傍にある大きなモミジです、1本の木なのに黄色と赤が混じりって見事です

『 素晴らしい~ 』 『 綺麗~ 』 その言葉の連続でした。



『 半蔵坊感応殿 』

明治27年(1894年) 鎌倉建長寺より勧請され浜松方広寺と並ぶ三大半蔵坊の一つとされています

半蔵坊とは、深奥山方広寺(じんのうざんほうこうじ)浜松、臨済宗方広寺派本山を縁起とする山・森の鎮守で

境内の松や杉に半身を表し衆生の願いを叶える云われ崇拝されている天狗に似た大権現です。
                                                        (平林寺案内パンフレットより抜粋)






  1. 2018/12/06(木) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 黄モミジ


     2018年 12月 5日 (水) 曇り時々晴れ  最低気温 16度  最高気温 21度



         ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                    ≪ 黄モミジ ≫


黄モミジ-974

黄モミジ-975

黄色のモミジです、鮮やかな真っ黄色、何と言う種類なのか調べたのですが分かりません

所々に黄葉モミジがあって輝いて見えます、モミジの種類は300種以上あるそうです。



  1. 2018/12/05(水) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 高野槙


     2018年 12月 4日 (火) 曇り後晴れ  最低気温 16度  最高気温 22度



          ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                      ≪ 高野槙 ≫


コウヤマキ-966

モミジ林-968

『 平林寺高野槙 』

山門脇にある高野槙は、高さ約25m、根回り約6mの樹齢600年をこえる巨木です。

近年の台風により上部を欠損しましたが、堂々たる容姿をしています、野火止の平林寺は、今から330年前の寛文3年(1663年)

川越藩主であった松平輝綱(てるつな)が、父信綱(のぶつな)の遺言により、当時岩月にあった菩提樹(平林寺)を

野火止に移した時、この高野槙も総門・山門・仏殿などの古建築物や、墓石類と一緒に岩槻から運び、

移植したと平林寺の口伝で伝えられています。     (新座市 新座見聞録より抜粋)


山門に入って直ぐのところに聳え立つ巨大な高野槇です、上部が大きく折れていますが元気です

槇がこんなに大きくなるのかと驚きます、平林寺の歴史を伝えながらお参りの人達を330年もの間見つめてきたのでしょうね。



  1. 2018/12/04(火) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

紅葉を尋ねて 平林寺 散りモミジ




     2018年 12月 3日 (月) 雨  最低気温 10度  最高気温 12度



            ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                       ≪ 散りモミジ ≫


平林寺-964

モミジ-670

モミジ葉-971

モミジ葉-973

散りモミジも綺麗です、逆光線で色が一層鮮やかに見えます

赤く染まった葉も黄色の葉も、散り葉が瑞々しい~ 何枚か拾って押し花にしました。




  1. 2018/12/03(月) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:5

紅葉を尋ねて 新座 平林寺



     2018年 12月 2日 (日) 曇り  最低気温 8度  最高気温 14度



          ~~~~~ 紅葉を尋ねて 平林寺 ~~~~~

                      ≪ 山門 ≫



平林寺-962

平林寺-061

平林寺-059


お友達とのスケジュールがあわず少し遅いかな、と気にしながら、11月30日、平林寺の紅葉を見に出掛けました

おぉぉ、綺麗に紅葉しています、が・・・・暗い   モミジの林はまだ青々とした葉もあり艶やかさがありません

昨年の素晴らしい感動のモミジ林とは全然違っていました

夏の猛暑で葉先が枯れて茶色に変色して丸まっています、『 ガッカリ 』 自然のなせる業ですから仕方がありません。



『 平林寺の縁起 』

金鳳山平林寺(きんぽうざんへいりんじ)は、永和元年(1375)、今からおよそ650年ほど前の南北朝時代

武蔵国(むさしのくに)埼玉郡、現在のさいたま市岩槻区に創建されました。

開基は大田備州守春桂蘊沢居士(おおたびっちゅうのかみしゅんけいうんたくこじ)

開山には鎌倉建長寺の高僧、石室善玖(せきしつぜんきゅう)禅師が迎えられ寺の伽藍が平坦な林野に見え隠れする様子から

「平林寺」とされました。岩槻にあった平林寺は、寛文3年(1663)松平信綱の遺命によって野火止(のびとめ)に移転されます

この地には、信綱が開削した玉川上水から分水された野火止用水が流れ、平林寺にも平林寺堀が引かれ

江戸近郊の農業都市として発展を遂げました。

武蔵野の歴史と文化と共に歩んできた平林寺。13万坪以上にも及ぶ山内(さんない)は、四季折々の雑木林の風情と、

開創650余年の古刹の禅風を湛えています。   (平林寺ホームページより抜粋)




  1. 2018/12/02(日) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:5

紅葉を尋ねて 長楽寺 錦に彩られ




     2018年 12月 1日 (土) 晴れ後曇り  最低気温 8度  最高気温 18度



       ~~~~~ 紅葉を尋ねて 箱根 長楽寺  ~~~~~

                 ≪ 錦に彩られ ≫


長安寺-894

 ツリガネニンジン-920

真っ直ぐ延びた杉の木、その間に赤く染まったモミジや黄色く黄葉した雑木、色とりどりに全山錦に染まっています

長楽寺は四季、いつ羅漢さんに逢いに行っても新鮮な発見があっていいところです、和やかな気持ちになりました。



長く続きましたが箱根の紅葉は、これでお終いですが、紅葉のシリーズは暫く続きます

飽きずにご覧頂けると嬉しいです

明日からは埼玉県新座にある平林寺の紅葉を UP します。




  1. 2018/12/01(土) 17:00:00|
  2. 風景
  3. | コメント:4

プロフィール

チャメ婆

Author:チャメ婆
何時も ご覧頂きありがとうございます 
下手な横好き趣味の写真が大好きな
傘寿の婆です、何時まで続けられるか
元気でいられる源です
どうぞ宜しくお願い致します
婆の拙い写真と文章ですが著作権は
放棄しておりません。

何時も見て頂いてありがとうございます

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1354)
夏休みの家族旅行 ハワイ (12)
旅行 (40)
ハワイで見た花達 (4)
富士山 ・ 花 (208)
春夏秋冬の趣 (1)
雲 (1)
私の幸せ (7)
自然の美 (82)
富士山と季節の行事 (5)
富士山 (27)
花 (389)
神社仏閣 (64)
思い出 (12)
風景 (760)
グルメ (11)
自然に親しむ子ども達 (2)
富士山・自然の美 (59)
私の想い (5)
風景・花 (330)
富士山・風景 (29)
思い出の風景 (25)
北海道の風景 (16)
神社仏閣・富士山世界遺産構成資産 (22)
伊豆の歴史探訪 (17)
旅の風景 (61)
厳冬の雪景色 (19)
記念写真 (14)
旅の思い出 (40)
仏像と花と (6)
野鳥 (7)
家族旅行 北フランス (44)
歴史ある風景 (87)
お寺の風景 (35)
季節の風物詩 (13)
家族旅行 (17)
行事 (8)
キャラクター (2)
美術 (10)
文化 (7)

ブロとも一覧

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR